メニューを開く 検索を開く ログイン

中枢性尿崩症、2つの新基準を提唱

 2020年08月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 日本内分泌学会は昨年(2019年)、『間脳下垂体機能障害の診断と治療の手引き(平成30年度改訂)』を公表した。名古屋大学病院糖尿病・内分泌内科の高木博史氏は、第93回同学会(7月20日~8月31日、ウェブ開催)で中枢性尿崩症の改訂点に言及。バソプレシン(AVP)の測定系変更に伴い新たな判定基準が求められる中、同氏は同科で検討した2つの判定基準を提唱した。なお、結果の詳細はEndocr J2020; 67: 267-274)に掲載された。

  • 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業「間脳下垂体機能障害に関する調査研究」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  中枢性尿崩症、2つの新基準を提唱