メニューを開く 検索を開く ログイン

聖路加国際病院で3割超がバーンアウト

 2020年08月17日 18:06
プッシュ通知を受取る

105名の先生が役に立ったと考えています。

 聖路加国際病院(東京都)は、国内で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生して以降、最大規模の患者を受け入れてきた。同院感染症科の松尾貴公氏らが、COVID-19治療の最前線で働く医療従事者を対象としたバーンアウト(燃え尽き症候群)に関するオンライン調査を実施。その結果、全体のバーンアウト率は31.4%で、看護師では約半数に上っていたとJAMA Netw Open2020; 3: e2017271)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  聖路加国際病院で3割超がバーンアウト