メニューを開く 検索 ログイン

スタチン不耐問題で、新規薬剤を展望

PCSK9阻害薬に代わる一手とは

2020年08月18日 05:05

5名の医師が参考になったと回答 

 スタチン、エゼチミブ、PCSK9阻害薬など、脂質異常症治療薬の相次ぐ登場により積極的なLDLコレステロール(LDL-C)低下が目指せるようになった。しかし、日本の死因別死亡者数では依然として心疾患が悪性新生物に次いで第2位であり、動脈硬化に伴う虚血性心疾患へのさらなる対応が求められている。埼玉医科大学健康推進センター/内分泌・糖尿病内科教授の井上郁夫氏は第52回日本動脈硬化学会(7月17日〜31日、ウェブ開催)で、PCSK9阻害薬に代わる新規薬剤について展望した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  スタチン不耐問題で、新規薬剤を展望

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531241 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外