メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

スタチン不耐問題で、新規薬剤を展望

PCSK9阻害薬に代わる一手とは

 2020年08月18日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 スタチン、エゼチミブ、PCSK9阻害薬など、脂質異常症治療薬の相次ぐ登場により積極的なLDLコレステロール(LDL-C)低下が目指せるようになった。しかし、日本の死因別死亡者数では依然として心疾患が悪性新生物に次いで第2位であり、動脈硬化に伴う虚血性心疾患へのさらなる対応が求められている。埼玉医科大学健康推進センター/内分泌・糖尿病内科教授の井上郁夫氏は第52回日本動脈硬化学会(7月17日〜31日、ウェブ開催)で、PCSK9阻害薬に代わる新規薬剤について展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  スタチン不耐問題で、新規薬剤を展望

error in template: found but mtif was expected