メニューを開く 検索を開く ログイン

LDL-C低下治療にベネフィットなし

 2020年08月20日 05:05
プッシュ通知を受取る

381名の先生が役に立ったと考えています。

 LDLコレステロール(LDL-C)は動脈硬化性疾患の発症にとって非常に重要な因子であることから、LDL-C低下治療により心血管疾患(CVD)を予防できるという考え方は直感的かつ論理的に適切だとされている。しかし、スタチン、エゼチミブ、PCSK9阻害薬のいずれかによるLDL-C低下を検討したランダム化比較試験(RCT)のシステマチックレビューの結果、CVDイベントや死亡の回避において一貫したベネフィットは認められなかった。詳細は米・University of New MexicoのRobert DuBroff氏らがBMJ Evid Based Med(2020年8月3日オンライン版)に報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  LDL-C低下治療にベネフィットなし