メニューを開く 検索を開く ログイン

進行食道がんの一次治療におけるペムブロリズマブ+化学療法でOSとPFSを改善:第Ⅲ相KEYNOTE-590

 2020年08月20日 15:26
プッシュ通知を受取る

Merck's KEYTRUDA® (pembrolizumab) in Combination With Chemotherapy Significantly Improved Overall Survival and Progression-Free Survival Compared With Chemotherapy in Locally Advanced or First-Line Metastatic Esophageal Cancer

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  論文紹介 »  進行食道がんの一次治療におけるペムブロリズマブ+化学療法でOSとPFSを改善:第Ⅲ相KEYNOTE-590