メニューを開く 検索を開く ログイン

医療者のコロナ抗体保有は13%

米・大規模コホート研究

 2020年08月23日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 抗体検査は感染症への罹患歴を示す重要な指標である。米・Northwell HealthのJoseph Moscola氏らは、米・ニューヨーク市の医療機関で働く医療従事者を対象に、大規模コホート研究を実施。その結果、医療従事者における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体保有率は13.7%と、一般住民での検討と同等で、①自己評価によるSARS-CoV-2への高い曝露レベル②過去のPCR検査の陽性判定―の2因子がSARS-CoV-2の抗体保有と強く関連することが示されたと、JAMA2020年8月6日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  医療者のコロナ抗体保有は13%