メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

アスピリンが高齢者のがん進行を加速

若年者とは相反する結果

 2020年08月24日 05:00
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 低用量アスピリン連日投与によるがん、特に大腸がんの発症リスク低下が主に若い年齢層を対象としたランダム化比較試験(RCT)で示されたが、高齢者ではエビデンスが不足していた。そうした中、オーストラリア・Monash UniversityのJohn J. McNeil氏らは、二重盲検ランダム化比較試験(RCT)ASPREEにおいて低用量アスピリンを連日服用している高齢者で主にがんに起因する死亡率が上昇したことを報告した。今回、アスピリンががんの発生およびがんによる死亡に及ぼす影響をより詳細に分析。高齢者ではアスピリンががんの進行を加速する可能性があることを、J Natl Cancer Inst2020年8月11日オンライン版)に発表した。(関連記事「健康な高齢者に低用量アスピリンの効果なし」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  アスピリンが高齢者のがん進行を加速

error in template: found but mtif was expected