メニューを開く 検索を開く ログイン

今こそ経験と英知の結集を:感染症学会理事長

第120回日本外科学会でCOVID-19緊急企画

 2020年08月24日 18:20
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行拡大に歯止めがかからず、厳しい状況が続いている。日本感染症学会理事長で東邦大学微生物・感染症学講座教授の舘田一博氏は、第120回日本外科学会(8月13~15日、ウェブ開催)の緊急企画セッションでCOVID-19をめぐる日本の現状について解説し、「今こそ、私たちの持つ技術と英知を結集し、連携・協力すべきときだ」と呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  臨床医学 »  今こそ経験と英知の結集を:感染症学会理事長