メニューを開く 検索 ログイン

超百寿者の脳病理変化は中等度

110歳以上18例のアルツハイマー病脳病理所見

2020年08月25日 05:10

8名の医師が参考になったと回答 

 2015年の国勢調査によると、日本の人口1億2,709万人のうち110歳以上は146人という。そのような貴重な110歳以上の超百寿者4例の病理所見について超百寿病理研究グループの一員で国立精神・神経医療研究センター病院臨床検査部部長の髙尾昌樹氏らは2016年に発表している(Acta Neuropathol Commun 2016; 4: 97写真)。その後、同氏らは超百寿者計18例の病理解剖を行い、アルツハイマー病の脳病理所見を検討した結果「アルツハイマー病の病理変化は年齢の上昇とともに進展せず、多くは中等度にとどまっていた」と第62回日本老年医学会(8月4~6日、ウェブ開催)で発表した。

写真. 超百寿者(110歳以上)4例における脳の割面像

26070_fig1.jpg

Acta Neuropathol Commun 2016; 4: 97)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  超百寿者の脳病理変化は中等度

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531368 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外