メニューを開く 検索を開く ログイン

超百寿者の脳病理変化は中等度

110歳以上18例のアルツハイマー病脳病理所見

 2020年08月25日 05:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 2015年の国勢調査によると、日本の人口1億2,709万人のうち110歳以上は146人という。そのような貴重な110歳以上の超百寿者4例の病理所見について超百寿病理研究グループの一員で国立精神・神経医療研究センター病院臨床検査部部長の髙尾昌樹氏らは2016年に発表している(Acta Neuropathol Commun 2016; 4: 97写真)。その後、同氏らは超百寿者計18例の病理解剖を行い、アルツハイマー病の脳病理所見を検討した結果「アルツハイマー病の病理変化は年齢の上昇とともに進展せず、多くは中等度にとどまっていた」と第62回日本老年医学会(8月4~6日、ウェブ開催)で発表した。

写真. 超百寿者(110歳以上)4例における脳の割面像

26070_fig1.jpg

Acta Neuropathol Commun 2016; 4: 97)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  超百寿者の脳病理変化は中等度