メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  アジア人女性で非定型大腿骨骨折リスク5倍

アジア人女性で非定型大腿骨骨折リスク5倍

ビスホスホネート使用者20万例弱を解析

2020年08月26日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of California, San FranciscoのDennis M. Black氏らは、ビスホスホネート製剤の使用歴を有する女性20万例弱の医療記録を解析した結果、同薬による非定型大腿骨骨折(AFF)の絶対リスクはその他の骨粗鬆症性骨折のリスクに比べて極めて小さかったとN Engl J Med2020; 383: 743-753)に発表した。ただし、アジア人女性は白人女性に比べてAFFリスクが5倍近く高かった。(鳥取大学医学部保健学科教授・萩野浩氏による解説「非定型大腿骨骨折、日本人は要注意」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  アジア人女性で非定型大腿骨骨折リスク5倍