メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  百寿者研究は縦断研究へと進化

百寿者研究は縦断研究へと進化

50年の歴史と将来

2020年08月27日 05:00

10名の医師が参考になったと回答 

 わが国では100歳以上の百寿者が49年連続して増え続けており、昨年(2019年)初めて7万人を突破して7万1,238人になった。大阪大学人間科学研究科教授の権藤恭之氏は百寿者研究の歴史と将来について第62回日本老年医学会(8月4~6日、ウェブ開催)で講演。「百寿者研究の歴史は50年以上にわたり、横断研究から縦断研究、国際共同研究、コホート研究へと進化している」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  百寿者研究は縦断研究へと進化