メニューを開く 検索を開く ログイン

百寿者研究は縦断研究へと進化

50年の歴史と将来

 2020年08月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国では100歳以上の百寿者が49年連続して増え続けており、昨年(2019年)初めて7万人を突破して7万1,238人になった。大阪大学人間科学研究科教授の権藤恭之氏は百寿者研究の歴史と将来について第62回日本老年医学会(8月4~6日、ウェブ開催)で講演。「百寿者研究の歴史は50年以上にわたり、横断研究から縦断研究、国際共同研究、コホート研究へと進化している」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  百寿者研究は縦断研究へと進化