メニューを開く 検索 ログイン

百寿者研究は縦断研究へと進化

50年の歴史と将来

2020年08月27日 05:00

10名の医師が参考になったと回答 

 わが国では100歳以上の百寿者が49年連続して増え続けており、昨年(2019年)初めて7万人を突破して7万1,238人になった。大阪大学人間科学研究科教授の権藤恭之氏は百寿者研究の歴史と将来について第62回日本老年医学会(8月4~6日、ウェブ開催)で講演。「百寿者研究の歴史は50年以上にわたり、横断研究から縦断研究、国際共同研究、コホート研究へと進化している」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  高齢者 »  百寿者研究は縦断研究へと進化

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531431 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外