メニューを開く 検索を開く ログイン

低濃度オゾンガスで新型コロナの感染力低下

世界初、藤田医科大学が発見

 2020年08月27日 12:46
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 藤田医科大学ウイルス・寄生虫学教授の村田貴之氏は、同大学が昨日(8月26日)に開催したオンライン記者会見で、人体に害がないとされる低濃度のオゾンガスに新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染力を低下させる効果があることを発見したと発表した。低濃度でSARS-CoV-2に対する感染力抑制効果が確認されたのは世界で初めて。同席した同大学病院長の湯澤由紀夫氏は「SARS-CoV-2の感染防止の打つ手が限られている中で、院内感染のリスクを減らす効果が期待できる」と述べた。来月初旬から、同大学病院の発熱外来、救急外来などに低濃度オゾンガスの発生装置を設置し、院内感染対策に役立てる方針だ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  低濃度オゾンガスで新型コロナの感染力低下

error in template: found but mtif was expected