メニューを開く 検索を開く ログイン

どうする? 進行肝細胞がんの二次治療

レンバチニブ不応・不耐例で検証

 2020年08月28日 11:40
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 これまで切除不能な進行肝細胞がんに対する薬物治療の開発は、ソラフェニブを一次治療で用いることを前提として進められてきた。そのため、2018年に日本でも承認され、新たな一次治療薬として期待されるレンバチニブへの不応・不耐例に対する後治療については、エビデンスが十分とはいえない。そこで、千葉大学大学院消化器内科学特任講師の小笠原定久氏は、リアルワールドデータを用いてレンバチニブ不応・不耐例の後治療となりうる薬物療法を検討し、第106回日本消化器病学会(8月11~31日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  どうする? 進行肝細胞がんの二次治療