メニューを開く 検索を開く ログイン

ヒトiPS細胞で肝疾患治療の向上を目指す

 2020年08月31日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 一般的に肝線維化は、肝細胞障害と免疫細胞浸潤によって肝星細胞が活性化することで生じるが、これらの特徴に乏しい先天性肝線維化(CHF)という遺伝子疾患が存在する。東京医科歯科大学大学院生体検査科学教授の柿沼晴氏は、第106回日本消化器病学会(8月11~31日、ウェブ開催)でヒト人工多能性幹(iPS)細胞を用いたCHFの病態探索について発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  ヒトiPS細胞で肝疾患治療の向上を目指す