メニューを開く 検索 ログイン

予後を尋ねるがん患者に明確に伝えるべきか

ランダム化実験心理学的検証:予後告知でがん患者の不確実性が減る可能性

2020年08月31日 14:45

5名の医師が参考になったと回答 

 わが国のがん医療において、医師からのがん告知は一般的になってきたものの、予後については今なお伝えないことが多いという。聖隷三方原病院(静岡県)緩和支持治療科の森雅紀氏は、予後を尋ねる患者にはっきり予後を伝えることの是非を検証したクロスオーバー実験心理学的研究J-SUPPORT1601の結果から、望む患者に対して予後告知が適切と考えられるのであれば伝えてもよいとする結果を、緩和・支持・心のケア合同学術大会2020(8月9~10日、ウェブ開催)で発表した。なお同研究成果は、昨年(2019年)Cancer2019; 125: 3320-3329)に掲載され、今大会では「理事長推薦論文」の1つに選出された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  予後を尋ねるがん患者に明確に伝えるべきか