メニューを開く 検索 ログイン

胃がん腹膜播種に対する腹腔内化学療法

腹膜播種高リスク例を対象にPHOENIX-GC2試験が開始、腹膜再発予防も視野に

2020年09月01日 14:15

4名の医師が参考になったと回答 


 びまん性に浸潤する4型胃がん、いわゆるスキルス胃がんは進行が速く、発見された時点で腹膜播種を伴っていることが多い。また、腹膜播種や腹腔内遊離がん細胞が認められない症例に対し胃切除を施行しても、その後に腹膜播種を来すリスクは高く、予後は極めて不良である。こうした腹膜播種のリスクが高いスキルス胃がん患者を対象に、全身化学療法・パクリタキセル(PTX)腹腔内投与併用療法の腹膜播種予防効果を検証する医師主導の第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験PHOENIX-GC2が開始された。腹膜播種治療の現状や同試験の意義について、東京大学病院外来化学療法部特任講師の石神浩徳氏に聞いた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  胃がん腹膜播種に対する腹腔内化学療法