メニューを開く 検索を開く ログイン

新薬ルラシドンで双極性障害患者のうつ症状改善

日本人患者含む国際多施設共同二重盲検RCT

 2020年09月01日 15:20
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

26137_fig1.jpg

 統合失調症および双極性障害におけるうつ症状の改善が期待される新薬ルラシドン。順天堂大学精神医学講座主任教授で理化学研究所脳神経科学研究センター精神疾患動態研究チームチームリーダーの加藤忠史氏らは、日本人を含む双極性障害患者を対象に国際多施設共同プラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施した結果、ルラシドン単剤療法によるうつ症状の改善が認められたとPsychiatry Clin Neurosci2020年8月22日オンライン版)に報告した。同氏はMedical Tribuneの取材に対し、ルラシドンの有効性が示されたことは、双極性障害のうつ状態の病態理解にもつながる可能性があるとの見解を示した(関連記事「ルラシドンの実力」「双極性障害が社会で認識されることを願う」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  新薬ルラシドンで双極性障害患者のうつ症状改善