メニューを開く 検索を開く ログイン

20年で急速に進んだ"リン研究"

国際骨粗鬆症財団

 2020年09月01日 16:30
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 国際骨粗鬆症財団(IOF)は、この20年間でリン代謝に関する研究が著しく進展し、高リン血症、低リン血症、腫瘍性骨軟化症(TIO)など関連疾患の診断と治療の実現に道を開いたと、8月17日に公式サイトで発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  20年で急速に進んだ"リン研究"