メニューを開く 検索 ログイン

20年で急速に進んだ"リン研究"

国際骨粗鬆症財団

2020年09月01日 16:30

3名の医師が参考になったと回答 

 国際骨粗鬆症財団(IOF)は、この20年間でリン代謝に関する研究が著しく進展し、高リン血症、低リン血症、腫瘍性骨軟化症(TIO)など関連疾患の診断と治療の実現に道を開いたと、8月17日に公式サイトで発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  20年で急速に進んだ"リン研究"