メニューを開く 検索を開く ログイン

ISCHEMIA試験はPCIの適応を変えるか?

循環器内科医の対応を考える

 2020年09月02日 05:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性冠動脈疾患患者に対するアプローチには、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)による血行再建や、生活習慣の是正に加えた至適薬物療法(OMT)などが選択肢になる。京都大学大学院循環器内科学教授の木村剛氏は、昨年(2019年)、こうした治療方針に一石を投じたISCHEMIA試験(N Engl J Med 2020; 382: 1395-1407)の検討対象や結果について発表。日本の循環器内科医が慢性冠動脈疾患に対するPCIの適応をどのように捉えるべきか第84回日本循環器学会(7月27日~8月2日、ウェブ開催)で考察した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  ISCHEMIA試験はPCIの適応を変えるか?