メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  多発性硬化症の増悪に腸内環境が関連

多発性硬化症の増悪に腸内環境が関連

細菌叢のゲノムメタ解析で解明

2020年09月02日 16:07

12名の医師が参考になったと回答 

 多発性硬化症(MS)には、治療反応性が良好な再発寛解型と難治性の二次進行型などの病型がある。国立精神・神経医療研究センターおよび理化学研究所、早稲田大学などの共同研究グループは、メタゲノム解析で病型ごとの腸内細菌叢および腸内環境の変化を比較。それぞれに特徴的な変化が見られたとProc Natl Acad Sci USA2020年8月24日オンライン版)に発表した。今後、特に難治性MSの治療法開発や診断技術の向上につながることが期待される。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  多発性硬化症の増悪に腸内環境が関連