メニューを開く 検索を開く ログイン

うつ病治療アプリ開発、産学連携で実現へ

 2020年09月02日 13:55
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)は昨日(9月1日)、京都大学と共同開発したうつ病治療用スマートフォン向けアプリ「こころアプリ」について、田辺三菱製薬を加えた三者によるライセンス契約を締結したと発表。うつ病治療用アプリとして日本初の医療機器製造販売の承認取得を目指す。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  精神疾患 »  うつ病治療アプリ開発、産学連携で実現へ