メニューを開く 検索 ログイン

エンパグリフロジンがHFrEF患者に有効

2020年09月04日 05:10

12名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images designer491 ※画像はイメージです

 EMPEROR-Reduced*1試験は、左室駆出率(LVEF)の低下した心不全(HFrEF)患者3,730例を対象に、SGLT2阻害薬エンパグリフロジンが心血管および腎アウトカムを改善するかどうかを検討した国際共同二重盲検ランダム化比較試験。米・Baylor University Medical CenterのMilton Packer氏らは、心不全の標準治療にエンパグリフロジン1日1回10mg投与を上乗せした結果、糖尿病の有無にかかわらず腎機能低下が抑制され、心血管死または心不全による入院の複合リスクが低下したと欧州心臓病学会(ESC2020、8月29日~9月1日、ウェブ開催)で報告した。これらの結果はN Engl J Med2020年8月29日オンライン版)に同時掲載された。 

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  エンパグリフロジンがHFrEF患者に有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531568 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外