メニューを開く 検索を開く ログイン

CACスコアが冠動脈疾患の予測に有用

 2020年09月07日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 冠動脈石灰化(CAC)は、冠動脈疾患(CHD)や脳卒中を含む動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)イベントリスクの指標の1つであり、米国心臓病学会(ACC)/米国心臓協会(AHA)のコレステロール管理ガイドライン2018ではCACスコアによる脳心血管疾患のリスク評価が推奨されている。しかし、性、人種によって発症率の異なるCHDや脳卒中とCACスコアとの関連についてはほとんど検討されていない。米・Emory University School of MedicineのAnurag Mehta氏らは多民族コホート研究の参加者を対象に、CACスコアによるCHDおよび脳卒中リスクの予測における性と人種の影響を検討。CACスコアは脳卒中よりCHDリスクの予測に優れ、これは性や人種によらないことを、Circ Cardiovasc Imaging2020; 13: e010153)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  糖尿病・内分泌 »  CACスコアが冠動脈疾患の予測に有用