メニューを開く 検索を開く ログイン

適切な減薬は再入院を増加させない

包括的薬剤整理プロトコルによるポリファーマシー解消

 2020年09月08日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、ポリファーマシーについては、多剤服用による有害性と服用されなかった薬剤の廃棄などの問題が明らかになっている。こうした中、東京北医療センター薬剤室の中込哲氏らは、入院患者に対して包括的な薬剤整理プロトコルによる減薬が再入院に与える影響を調査した結果、「適切な減薬であれば再入院は増加しないことが示唆された」と第11回日本プライマリ・ケア連合学会(7月23日~8月31日、ウェブ開催)で報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

五輪開催批判が一転。積極的報道に

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  その他診療領域 »  適切な減薬は再入院を増加させない