メニューを開く 検索 ログイン

80歳以上でも侵襲的治療に延命効果

非ST上昇型心筋梗塞対象の英・観察研究

2020年09月08日 05:05

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 これまでに行われた大規模ランダム化比較試験(RCT)で比較的若年の非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)患者では非侵襲的治療に比べて侵襲的治療後の方が長期の死亡リスクが低下することが示唆されている。しかし、80歳以上のNSTEMIにも侵襲的治療が有益かどうかについては一貫していない。英・Imperial College London/Imperial College Healthcare NHS TrustのAmit Kaura氏らは、5病院で7年間に集積された1,500例のデータ解析から、80歳以上のNSTEMI患者も侵襲的治療3年後の生存率改善が期待できることをLancet2020; 396: 623-634)に報告した(関連記事「80歳以上の不安定狭心症も侵襲的治療が有益」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  80歳以上でも侵襲的治療に延命効果

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで