メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

80歳以上でも侵襲的治療に延命効果

非ST上昇型心筋梗塞対象の英・観察研究

 2020年09月08日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 これまでに行われた大規模ランダム化比較試験(RCT)で比較的若年の非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)患者では非侵襲的治療に比べて侵襲的治療後の方が長期の死亡リスクが低下することが示唆されている。しかし、80歳以上のNSTEMIにも侵襲的治療が有益かどうかについては一貫していない。英・Imperial College London/Imperial College Healthcare NHS TrustのAmit Kaura氏らは、5病院で7年間に集積された1,500例のデータ解析から、80歳以上のNSTEMI患者も侵襲的治療3年後の生存率改善が期待できることをLancet2020; 396: 623-634)に報告した(関連記事「80歳以上の不安定狭心症も侵襲的治療が有益」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  80歳以上でも侵襲的治療に延命効果

error in template: found but mtif was expected