メニューを開く 検索 ログイン

ビタミンDで小児喘息の増悪リスク低下せず

米・VDKA試験

2020年09月09日 17:09

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 6~16歳で高リスクの喘息患児において、ビタミンDサプリメント摂取による重度の喘息増悪リスクの低下は認められなかったとするプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)VDKAの結果が明らかになった。米・University of PittsburghのErick Forno氏らがJAMA2020; 324: 752-760)に報告した

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  ビタミンDで小児喘息の増悪リスク低下せず

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531645 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外