メニューを開く 検索を開く ログイン

インフル入院患者の12%に心合併症

米国・8万人超の横断研究

 2020年09月10日 17:38
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 インフルエンザ患者において急性心血管イベントを合併する割合は8人に1人(約12%)だった。米疾病対策センター(CDC)のEric J. Chow氏らは、2010~11年から8シーズンにわたりインフルエンザで入院した成人患者8万人超を対象とした横断研究の結果をAnn Intern Med2020年8月25日オンライン版)に報告した。インフルエンザ関連急性心血管イベントの予防策として、特に基礎疾患のある患者のインフルエンザワクチン接種率を高める必要性を強調している(関連記事「インフルワクチンは心疾患の予防薬」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  インフル入院患者の12%に心合併症