メニューを開く 検索を開く ログイン

小児喘息の難治化予防・治療戦略

 2020年09月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 小児喘息では急性増悪による入院例や救急搬送例が激減し、2017、18年には15歳以下の喘息死がゼロとなった。半面、乳幼児期に発症した喘息は10歳代後半まで続く例が多く、有病率は低下していない。こうした状況において、開業医を意識した喘息ガイドラインはどうあるべきか。第1回日本喘息学会(8月8〜9日)のワークショップ「喘息診療ガイドライン再考」で獨協医科大学小児科学講座主任教授の吉原重美氏は、小児喘息における課題を①乳幼児喘息の診断②乳幼児における吸入ステロイド薬(ICS)/長時間作用性β2刺激薬(LABA)配合剤③小児における分子標的薬の適応−の3点から論じた。

第1回日本喘息学会ワークショップ「喘息診療ガイドライン再考」記事一覧

  • 喘息アプリを活用した診療を志向 
  • ICS/LABA頓用、トリプル製剤などを評価 
  • 小児喘息の難治化予防・治療戦略

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  小児喘息の難治化予防・治療戦略

error in template: found but mtif was expected