メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

HPVワクチン、疼痛・不安への対応策は?

 2020年09月11日 14:42
プッシュ通知を受取る

23名の先生が役に立ったと考えています。

 日本では定期接種となっているものの、積極的勧奨が差し控えられているヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン。そうした中、今年(2020年)5月には9価HPVワクチンが承認され、医療従事者でない若年女性からも接種を希望する声が上がるなど、少しずつ状況に変化が見られつつある。一方で、接種時の疼痛や不安を訴える患者が存在することも事実だ。日本小児科医会理事で彩の国予防接種推進協議会会長の峯眞人氏は、そうした疼痛や不安の予防およびワクチン接種後の対応について、第144回日本産婦人科医会記者懇談会(9月9日、ウェブ開催)で解説した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師によるコロナワクチン接種は認めるべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  HPVワクチン、疼痛・不安への対応策は?