メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

BRCA変異陽性mCRPCへのPARP阻害薬の効果

第Ⅱ相試験TRITON2で奏効率43.5%を達成、米で迅速承認

 2020年09月13日 05:00
プッシュ通知を受取る

 DNA損傷修復などゲノム安定性維持に関わっている遺伝子であるBRCA1/2に変異が認められる転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)に対しては、経口ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害薬が奏効する可能性がある。BRCA1/2変異陽性の既治療mCRPC患者を対象にPARP阻害薬rucaparibの有効性と安全性を検討した非盲検第Ⅱ相試験TRITON2の結果から、客観的奏効率(ORR)は43.5%と優れていたことが示された。米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのWassim AbidaらがJ Clin Oncol2020年8月14日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  BRCA変異陽性mCRPCへのPARP阻害薬の効果

error in template: found but mtif was expected