メニューを開く 検索 ログイン

弁膜症治療GL、8年ぶり改訂のポイント

日本の実臨床に合わせた全面改訂版

2020年09月14日 05:05

33名の医師が参考になったと回答 

 弁膜症領域においては、ランダム化比較試験の数が少なく、エビデンスの多くは観察研究である。また、日本人のデータが限られているため、これまでは欧米のガイドラインに準拠してきたが、今年(2020年)3月に8年ぶりの全面改訂となる『2020年改訂版 弁膜症治療のガイドライン』が刊行された。同ガイドライン合同研究班班長で国立循環器病研究センター心臓血管内科部長の泉知里氏は、第84回日本循環器学会(7月27日~8月2日、ウェブ開催)で、他セクションの演者から提示された症例を踏まえながら改訂のポイントを解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  弁膜症治療GL、8年ぶり改訂のポイント

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531651 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外