メニューを開く 検索 ログイン

弁膜症治療GL、8年ぶり改訂のポイント

日本の実臨床に合わせた全面改訂版

2020年09月14日 05:05

33名の医師が参考になったと回答 

 弁膜症領域においては、ランダム化比較試験の数が少なく、エビデンスの多くは観察研究である。また、日本人のデータが限られているため、これまでは欧米のガイドラインに準拠してきたが、今年(2020年)3月に8年ぶりの全面改訂となる『2020年改訂版 弁膜症治療のガイドライン』が刊行された。同ガイドライン合同研究班班長で国立循環器病研究センター心臓血管内科部長の泉知里氏は、第84回日本循環器学会(7月27日~8月2日、ウェブ開催)で、他セクションの演者から提示された症例を踏まえながら改訂のポイントを解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  弁膜症治療GL、8年ぶり改訂のポイント

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで