メニューを開く 検索を開く ログイン

C. difficileを抑制するプロバイオティクス

 2020年09月14日 15:45
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 CBM588 の走査電子顕微鏡像(Cell Host Microbe 2013; 13: 711-722)

 抗菌薬乱用などにより腸内細菌叢のバランスが乱れ多様性が低下して発症するClostridioides difficileC. difficile)感染症(CDI)の治療において、プロバイオティクスの効果に注目が集まっている。ミヤリサン製薬研究開発本部開発部部長の林篤史氏は、第94回日本感染症学会(8月19~21日)でプロバイオティクスの一種であるClostridium butyricum MIYAIRI(CBM)588について、これまで明らかでなかった作用機序を報告。C. difficileの増殖を抑制してCDI治療効果を発揮するとの見解を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  C. difficileを抑制するプロバイオティクス