メニューを開く 検索を開く ログイン

多剤耐性でHIV患者の3割が治療に失敗

アフリカ・マラウイの入院患者対象の観察研究

 2020年09月15日 16:10
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アフリカ・マラウイの病院では、入院時に6カ月以上の抗レトロウイルス療法(ART)を受けていたHIV患者の約3割は治療が奏効せず、その8割が2剤以上に耐性を示し、7割が2カ月以内の死亡率が上昇していた。英・London School of Hygiene & Tropical Medicine (LSHTM)のAnkur Gupta-Wright氏らが、1,300例超を対象とした観察研究の結果をLancet HIV2020年9月7日オンライン版)に発表。早期の薬剤耐性検査とその結果に基づく治療変更が早期死亡を抑制する可能性があると指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  多剤耐性でHIV患者の3割が治療に失敗