メニューを開く 検索を開く ログイン

気管支拡張症の増悪を抑制する新薬

Brensocatibの第Ⅱ相試験

 2020年09月16日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 好中球エラスターゼを含む好中球セリンプロテアーゼは、気管支拡張症の病態生理において中心的な役割を果たすと考えられている。英・Ninewells Hospital and Medical SchoolのJames D. Chalmers氏らは、気管支拡張症患者を対象に好中球セリンプロテアーゼ活性化酵素DPP-1を可逆的に阻害する経口DPP-1阻害薬brensocatib(INS1007)の有効性と安全性を第Ⅱ相ランダム化比較試験で検討した結果、同薬はプラセボに比べて増悪リスクを有意に低下させたとN Engl J Med2020年9月7日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  気管支拡張症の増悪を抑制する新薬