メニューを開く 検索 ログイン

進行乳がんのリキッドバイオプシーによる治療選択で一定の有用性:第Ⅱ相plasmaMATCH【Lancet Oncol】

2020年09月16日 07:22

3名の医師が参考になったと回答 

Circulating tumour DNA analysis to direct therapy in advanced breast cancer (plasmaMATCH): a multicentre, multicohort, phase 2a, platform trial

Lancet Oncol 2020年9月10日オンライン版

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OT論文紹介 »  進行乳がんのリキッドバイオプシーによる治療選択で一定の有用性:第Ⅱ相plasmaMATCH【Lancet Oncol】

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD531743 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外