メニューを開く 検索を開く ログイン

ロボットでリハビリ効果が減少?

リハビリ用ロボット、利用者に合わせて活用を

 2020年09月17日 18:54
プッシュ通知を受取る

36名の先生が役に立ったと考えています。

 今日、産業や生活などさまざまな場面においてロボットが活用されており、リハビリテーション(以下リハビリ)の現場も例外ではない。ロボットを使用したリハビリ(Robotic Assisted therapy;RAT)では、一定強度の運動を長時間行えるなどのメリットがある一方、ロボットの動作補助機能に依存し過ぎて運動によるリハビリ効果が低下する可能性も指摘されている。札幌渓仁会リハビリテーション病院(札幌市)リハビリテーション部の秋元健太郎氏は、第39回日本臨床運動療法学会(9月5~28日、ウェブ開催)で、RATの概要や自施設での取り組みについて説明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  運動器 »  ロボットでリハビリ効果が減少?

error in template: found but mtif was expected