メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ重症例、8割近くにアビガン投与

全国82大学病院の調査、レムデシビルは1割

 2020年09月17日 18:48
プッシュ通知を受取る

26名の先生が役に立ったと考えています。

 全国医学部長病院長会議(AJMC)は9月10日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者の治療実態に関する調査結果を発表した。全国82の国公私立大学病院において治療を行った重症例487例について集計したもので、抗菌薬以外はファビピラビル(商品名アビガン)の投与を受けた患者が8割近くと最も多く、レムデシビル(ベクルリー)は1割超にとどまった。治療成績を見ると、インターロイキン(IL)-6阻害薬のトシリズマブ(アクテムラ)投与例で8割超、ファビピラビル投与例では7割超が軽快していた。なお、重症例全体の死亡割合は2割だった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  コロナ重症例、8割近くにアビガン投与

error in template: found but mtif was expected