メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ重症化に血栓を促進する蛋白質が関与

IL-6が血中で放出する「PAI-1」を発見

 2020年09月18日 16:15
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化に関わる免疫が暴走する現象「サイトカインストーム」の引き金となる蛋白質「PAI-1」を発見した、と大阪大学免疫学フロンティア研究センター免疫機能制御学特任教授の岸本忠三氏、妾秀辰氏の研究グループが発表した。重症のCOVID-19患者の血液中で増加する蛋白質インターロイキン(IL)-6が放出する物質で、血液凝固を促進する働きがある。この物質が血液中で増えて、肺など多くの臓器で血栓が形成され、血管から液性成分を漏出して肺炎を重症化させるとしている。研究結果は米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  コロナ重症化に血栓を促進する蛋白質が関与

error in template: found but mtif was expected