メニューを開く 検索を開く ログイン

紫外線照射装置で新型コロナの不活化を確認

 2020年09月22日 07:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を防止する手段の1つとして、紫外線(UV)による殺菌が有効と考えられているが、その効果に関する検討はいまだ不十分である。藤田医科大学医学部ウイルス・寄生虫学教授の村田貴之氏らはフジデノロ株式会社との共同研究により、国内の研究機関として初めてUVC紫外線照射装置の光源によるSARS-CoV-2の不活性化を確認したと発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  紫外線照射装置で新型コロナの不活化を確認

error in template: found but mtif was expected