メニューを開く 検索 ログイン

アビガン、国内Ⅲ相試験で有意差示す

企業治験、COVID-19の症状を早期に改善

 2020年09月23日 15:20
プッシュ通知を受取る

70名の先生が役に立ったと考えています。

 富士フイルム富山化学は本日(9月23日)、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者を対象にしたファビピラビル(商品名アビガン)の国内第Ⅲ相試験の結果を速報。同薬の有効性が有意差をもって示されたと発表した。COVID-19の症状を早期に改善することが実証されたという。 陰性化までの期間、11...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  アビガン、国内Ⅲ相試験で有意差示す