メニューを開く 検索を開く ログイン

積極降圧でアジア人のみ血腫拡大抑制

脳出血急性期降圧への反応:アジアvs.非アジア

 2020年09月24日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 国立循環器病研究センター病院副院長の豊田一則氏らは脳出血急性期の降圧療法に対する反応について、国際ランダム化比較試験ATACH-Ⅱ※1のアジア人と非アジア人のデータを用いて検討した。その結果、アジア人でのみ積極降圧によって血腫拡大が抑制されたことをSTROKE 2020(8月23日~9月24日、ウェブ開催)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  循環器 »  積極降圧でアジア人のみ血腫拡大抑制

error in template: found but mtif was expected