メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  耳鼻咽喉 »  耳鳴りの重症度と関連する一塩基多型を発見

耳鳴りの重症度と関連する一塩基多型を発見

2020年09月24日 05:10

9名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日本人の約15%が自覚しているとされる耳鳴りは、時として強い苦痛を伴い日常生活に影響を及ぼす。耳鳴りの原因は不明だが、悪化要因としては睡眠障害、うつ、不安などが挙げられている。慶應義塾大学耳鼻咽喉科学教室の渡部高久氏らは耳鳴り患者を対象に検討を行い、重症化と関連する遺伝子の一塩基多型(SNP)を発見したとSci Rep2020; 10: 13023)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  耳鼻咽喉 »  耳鳴りの重症度と関連する一塩基多型を発見