メニューを開く 検索を開く ログイン

耳鳴りの重症度と関連する一塩基多型を発見

 2020年09月24日 05:10
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日本人の約15%が自覚しているとされる耳鳴りは、時として強い苦痛を伴い日常生活に影響を及ぼす。耳鳴りの原因は不明だが、悪化要因としては睡眠障害、うつ、不安などが挙げられている。慶應義塾大学耳鼻咽喉科学教室の渡部高久氏らは耳鳴り患者を対象に検討を行い、重症化と関連する遺伝子の一塩基多型(SNP)を発見したとSci Rep2020; 10: 13023)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  耳鼻咽喉 »  耳鳴りの重症度と関連する一塩基多型を発見

error in template: found but mtif was expected