メニューを開く 検索を開く ログイン

皮下脂肪から分離した細胞で肺線維化を軽減

 2020年09月24日 17:18
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 肺線維症は肺の間質に線維化が起こる難治性疾患で、ステロイドや免疫抑制薬の投与で症状が緩和されるものの、有効な治療法は限られている。順天堂大学難病の診断と治療研究センターの須藤絵里子グレース氏らは、ヒト皮下脂肪組織から分離したCD73陽性細胞を肺線維症のモデルマウスへ投与したところ、肺線維化を軽減できたとSci Rep2020; 10: 15073)に報告した。今回の研究成果は、肺線維症に対する新規治療法の開発につながることが期待される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  皮下脂肪から分離した細胞で肺線維化を軽減

error in template: found but mtif was expected