メニューを開く 検索

アレルギー性気管支肺真菌症の新診断基準

以前の基準より鋭敏かつ正確な診断が可能

2020年09月25日 05:05

8名の医師が参考になったと回答 

 従来用いられてきたアレルギー性気管支肺真菌症(Allergic bronchopulmonary mycosis;ABPM)の診断基準は、日本人症例やアスペルギルス以外を起因菌とする場合では診断に難渋するケースが多かった。そこで東海大学呼吸器内科学教授の浅野浩一郎氏らは、ABPMの新しい診断基準を提唱。検証の結果、より敏感かつ正確にABPMを診断できたとJ Allergy Clin Immunol2020年9月10日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  呼吸器 »  アレルギー性気管支肺真菌症の新診断基準