メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナの重症化を予測する血液マーカー発見

血液検査で早期に発見、治療へ

 2020年09月25日 18:55
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 国立国際医療研究センターの研究グループは9月24日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染者の重症化を予測する血液中の蛋白質を見いだしたと発表した。喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患で高値を示すケモカインの1つである「CCL17」で、重症化する患者では感染初期から血中濃度が基準値より低いことを明らかにした。研究グループは「CCL17の濃度を測定することで、重症化する予備軍を発見し、早期治療につなげられる可能性がある」と期待を寄せている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  コロナの重症化を予測する血液マーカー発見

error in template: found but mtif was expected