メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナの神経症状が予後に多大な影響

COVID-19の主症状である可能性

 2020年09月28日 11:33
プッシュ通知を受取る

83名の先生が役に立ったと考えています。

 肺炎などの呼吸器症状が中心とされがちな新型コロナウイルス感染症(COVID-19)だが、患者の3~6割では頭痛や嗅覚障害、味覚障害、意識障害、四肢筋力低下といった神経症状が見られ、社会復帰を妨げる後遺症を残すケースも少なくない。COVID-19患者を数多く受け入れている国内有数の感染症指定医療機関の神戸市立医療センター中央市民病院脳神経内科部長でCOVID-19対策本部診療担当の川本未知氏は、第61回日本神経学会(8月31日~9月2日、ウェブ併催)で「COVID-19の神経症状は二次的なものではなく、主症状の1つと考えられる」と報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  脳・神経 »  コロナの神経症状が予後に多大な影響

error in template: found but mtif was expected