メニューを開く 検索を開く ログイン

がん悪液質に有酸素運動が有効か

 2020年09月28日 18:05
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 骨格筋量の減少や食欲減退、エネルギー代謝障害などを呈するがん悪液質は、がん患者の日常生活動作(ADL)およびQOLの急激な低下や生命予後不良につながる。一般的には運動療法と栄養療法の併用が行われるが、奏効しない例も少なくない。北海道医療大学リハビリテーション科学部理学療法学科准教授の宮﨑充功氏らは、がん悪液質の進行を抑制する上で効果的な運動介入について検討。有酸素運動の有効性について、第39回日本臨床運動療法学会(9月5~28日、ウェブ開催)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  がん »  がん悪液質に有酸素運動が有効か

error in template: found but mtif was expected