メニューを開く 検索

レボドパで加齢黄斑変性の視力が改善

2020年09月29日 11:35

19名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 パーキンソン病などの運動障害に対する治療にレボドパを使用している患者は、加齢黄斑変性(AMD)の発症率が非常に低いことが報告されている。米・University of ArizonaのAnna G. Figueroa氏らは、AMD患者を対象にレボドパによる視力と解剖学的転帰への影響を検討。レボドパはAMD患者の視力を改善し、抗血管内皮細胞増殖因子(VEGF)注射の必要性を減少させたとAm J Med2020年7月3日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »   »  レボドパで加齢黄斑変性の視力が改善