メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ検査、鼻腔からの検体採取を容認

厚労省の感染症部会で了承

 2020年09月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省の厚生科学審議会感染症部会は9月25日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染の有無を調べる検査に、被検者自身が鼻の入り口近くから「鼻腔ぬぐい液」を採取する方法を導入する案をおおむね了承した。鼻の奥から「鼻咽頭ぬぐい液」を採取して行うポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査の結果との比較で高い一致率を示し、検体を簡便に採取できることが特徴。厚労省は近く、鼻腔から検体を採取する検査法を加えた新型コロナ感染症(COVID-19)病原体検査の指針を作成する方針だという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  コロナ検査、鼻腔からの検体採取を容認

error in template: found but mtif was expected